Author Archives: lin5

ヒノキ4寸柱の家5DK☆70坪土地付きJR最寄駅16分

30年以上前の注文住宅

ヒノキの樹をふんだんに使い、気持ちのいい空間を作り上げた夫婦がいた。

子育ても終わり、親も見送り、自分たちも悠々自適なさらに便利な空間を求め、鍵一本で出入りのできるマンションに住み替えた。

で、どうする? まだまだ使える居住空間。

安価な工業製品しか使用していない安売りの建売住宅などではない。

建築材料のみならず、細部までこだわって造った居住空間の注文住宅である。

親の住まいとなる部屋に、キッチンを備えることも可能。

広々としたガーデンスペースで、ご近所や仲良し同士でお茶のみ空間も設えてある。

庭にはみかんの樹や、優しい薄ピンク色の大輪を咲かしたバラの樹も健在だ。

1階には、キッチン、南向き洋間リビング、南向き和室には花梨の樹でできた床の間柱があり、

独立和室がもうひとつ。

ステンドグラスの吹き抜け玄関を見上げると2階のゆったりとした廊下が見渡せる。

大きめの納戸があるので、収納には困らない。

収納については1階の階段下にもたっぷり空間がある。

2階に和室と、洋室は和室の2倍の大きさがあり、それぞれ2室として分けても使えるように造られている。

廊下がとにかく広々ゆったりしているので、本箱を並べてもいいかもしれないと思った。

洋式トイレが1階と2階にそれぞれあり、バスルームは1階の中ほどに位置しており、脱衣室には家族分下着等がしまえる整理ダンスが設置されていたせいか、なんとなく便利な気がした。

屋根は安い建売には付かない高額でりっぱな劣化の少ない日本瓦を使用。

しっかりとした造りの既存住宅。 引っ越してきたらすぐ住める。 ヒノキの4寸でできた日本の木造住宅である。

約70坪の土地所有権付きで、気持ちの良い人たちに住んでもらえるのなら売ってあげてもいいと思っているらしい。

庭付き一軒家。

不動産屋の情報サイトには載せていないらしい。

不動産屋には何度かいやな思いをさせられたみたいである。

若いころから彼らの人生と共に生活を育んできた家である。

精一杯の予算と家族たちへの思いやりを表現して建てた家である。

この家の温もりを感じられる人たちに出会いたいと願っている。

不動産屋はいずれも中に入ってもらいたいとは思えないような人たちばっかりでがっかりしたらしい。

築30年以上も経ったら、家には価値がないと評価するのみ。

数軒向こうにあるブロックの安売り建売住宅と同じような材料で建てていると思っているらしい。

建物に対してみる目を持っていない人たちばかり。

日本の木造住宅は生きている。

生きた木で建てた家は生きている。

共に生活空間を共有できるのだから。

空気の澄んだ家に住んでみるのも悪くない。

家がシェルターである理由。

木がまだ生きているから。

共に呼吸をしているから。

人と木が共存する日本の本物の家。

東京駅から、最寄駅まで JR普通快速で55分~56分。

最寄駅から歩ける距離で15~16分程度。

駅前スーパー、コンビニあり。 駅近く郵便局あり。

徒歩5分以内に、総合病院、ホームセンター、大型ドラッグストアーあり。

土地約70坪とヒノキ4寸柱の家に、ガーデンテラスセット、庭木も大輪バラも、屋根付きガレージもみんな付いて、もちろん道に面した四角い地形。 777万円。